Bee Home

快適に住もう!賃貸住宅選びの3つのポイント

物件管理の状態を確認しよう

マンションやアパートなどの賃貸物件の生活環境は、管理の品質によって大きく左右されます。ゴミ出しや清掃管理、管理人が常駐していれば物件の生活環境が乱れることはありませんので、快適に生活することが出来るでしょう。管理が不十分な物件は、衛生面や安全面に問題が発生しやすくなり、家賃が低下することにより居住者の生活マナーが低くなるリスクがあることを覚えておきましょう。集合住宅は管理が命と言っても過言ではありません。

物件の防犯性を確認しよう

賃貸物件で快適に生活するためには、防犯性が高くなければ安心して住むことが出来ませんので、物件の防犯性について十分に確認しておくことが重要です。マンションなどにおいては、4階よりも上の階の方が、侵入されるリスクが低いため、ある程度高層の部屋を重視しましょう。また、玄関扉の鍵の個数は出来るだけ2個以上あればピッキングなどの犯罪に巻き込まれるリスクが減少しますので、セキュリティ面を注視して物件選びを行いましょう。

物件の周辺環境を確認しよう

賃貸物件で快適に生活するには、周辺環境の充実度も欠かせませんよね。商業施設やスーパー、普段よく利用する商店などが立地していると生活はしやすくなります。また、駅までの距離が出来るだけ近い方が通勤や通学においての利便性も高く、毎日の負担にもなりませんので、物件の内容以外にも目を向けて総合的に判断することが重要です。また、周辺の騒音トラブルや犯罪などに巻き込まれることがないように、治安についても調べておくことも大切です。

青山の賃貸では、徒歩圏内に多数の駅やバス停が存在するので、アクセス環境抜群という点が魅力となっています。

メリットがいっぱい!低炭素住宅の認定を受けた注文住宅

低炭素住宅の認定を受けた注文住宅の税制上のメリット

低炭素住宅の認定を受けた注文住宅には、さまざまなメリットがあります。たとえば、現在、国が実施している住宅ローン減税では、通常の住宅ならば、控除額の上限が400万円となっているのですが、低炭素住宅の認定を受けた注文住宅では、それよりも100万円上乗せされて、500万円が上限になっています。また、住宅ローンを利用しない場合であっても、所得税の控除が受けられるケースがあります。それは、低炭素住宅にすることによって、余計にかかった費用、つまり、掛かり増し費用が、その対象となります。最大65万円までが所得税から控除され、控除しきれない分は、翌年度の所得税から控除されます。

登録免許税の優遇と容積率の緩和

低炭素住宅の認定を受けた注文住宅には、登録免許税に関しても、優遇があります。認定を受けない通常の住宅の場合には、所有権保存登記と移転登記の税率が、それぞれ0.15パーセントと0.30パーセントであるのに対して、低炭素住宅の認定を受けた注文住宅では、どちらも0.10パーセントに引き下げられます。また、低炭素化の取り組みを行うために、通常の建築物の床面積を超えることになる分の床面積に関しては、容積率算定の際の床面積には算入されないというメリットもあります。

住宅ローンの金利も引き下げ

注文住宅で、低炭素住宅の認定を受けるメリットは、税制や容積率の緩和だけではありません。住宅金融支援機構と各民間金融機関とで提供される長期固定金利住宅ローン、フラット35においても、優良住宅取得支援制度として、金利の引き下げが行われています。通常の住宅のフラット35の場合よりも、最初の10年間の金利が、0.6パーセント引き下げられます。これは、長期にわたる住宅ローンの返済を考えると、大変大きな返済額の削減につながります。注文住宅を建てる際には、こうしたお得な制度を使わない手はありませんよね。

注文住宅のメリットは、家の内装や設備を自分の希望通りのものにできるという点です。その分中古住宅や建売住宅よりも価格は高めになる傾向があります。

自分も入りたくなる老人ホームを見つける法則

準備段階の法則経営理念は心に響くか!?

最近では終の棲家という表現を使う老人ホームが少なくなってきています。それは在宅介護へ世の中が向かっているためでもありますが、本来、施設はどのような認知症患者をも受け入れ、本人や家族が望めばホームでの看取りはもちろん、お別れの会、葬送までも提供する質の高い終の棲家である必要があるのです。施設運営者の哲学や思想というのは、耳と頭で聞かずに、腹と心で聴いてみましょう。言葉を発した人に敬意を表し、素直に従うことができるか、背中に向かって頭を下げられているかを問うてみてください。経営者の理念が従業員全員に見える化され、現場に浸透しているかを見極めるようにしましょう。

入居のタイミングは歩幅

有料老人ホームへの入居を考えられている方は、元気なうちに家事から解放されて夫婦そろって第二の人生を楽しみたい、これから先、介護が必要になった時のことを考えて早めに入居したいなど様々な理由を持っていることでしょう。有料老人ホームの形態は大きく、介護付き、住宅型、健康型の3種類に分かれていて、健康型は元気なうちから入居できる施設ですが重篤な介護や看取りまではやってもらえないのが普通で混合型もありますが、高額になるので実際には介護認定を受けてから施設を探す人が圧倒的に多いのです。入居のタイミングを考えるといっても老いを感じる年齢は人それぞれ、そこで目安となるのが、歩幅で、健常者あるいは現役世代の歩幅は年齢に関係なくだいたい人の形幅と同じくらいではないでしょうか。しかし、体力や健康が衰えてくると歩幅は狭くなりスピードも遅くなります。歩幅が30cmを切ってくると支障がではじめるので、介護専用施設に入るなら、そのタイミングで入居しても遅くはないでしょう。

家族の理解や支援なしに成功はない

入居する本人が前向きでも、家族がなかなか前向きになれないこともあるでしょう。自分の親を追い出すようで罪悪感があったり、親戚の目を気にしたりして入居を躊躇うのです。しかし、親戚の手前、見栄でちょっと高いホームを選んだら、かえって失敗した、親からの相続が減るのを気にして、親の希望とは違う安いホームに入れたなど、入居者と家族の関係によりホーム選びは左右され、失敗することもあることを覚えておきましょう。入居者の家族の視点にたち、改めて良い老人ホームとは何か、ホーム選びで優先すべきことは何か、それは自分たちの家族の都合か、入居する親の安心や安全な暮らしなのか、しっかり話し合いができているか考えることが大事なのです。

千葉市の老人ホームでは、日常生活における様々な世話や充実したレクリエーションなどを行っており、安心して入居することができます。

ページ:12345678