Bee Home

新生活をお得にスタート!賃貸住宅を安く借りるためのポイント

家賃は重要な条件の一つ

就学、就職や転勤、結婚などを機に新しい生活を始める場合、まず住居を確保する必要が出てきます。その選択肢の一つが賃貸住宅ですが、探すのはなかなか骨の折れる作業となります。特に条件の一つとして、家賃は譲れないものだという人も多いのではないでしょうか。家賃は生活費の中でも大きなウェートを占めるものです。限られた予算の中でやりくりしていくためには、少しでも安くすませたいというのが入居希望者としては本音ですよね。

家賃を安くするためには他の条件での妥協も必要

商品やサービスは、その質や需要が高いほど値段は上がっていきます。賃貸住宅の家賃もその例外ではなく、例えば駅から近いなど交通アクセスがよい、市街地から近く便利、設備が充実しているなどの物件は、高く設定される傾向があります。そこで家賃を許容範囲内におさめるためには、こうした諸条件で妥協していく必要が出てくるわけです。少しでも不便になったりすることは、誰でも避けたいものですよね。しかし自転車を使えば移動時間を短縮できるなど、工夫次第で快適に過ごせるものですので、意外に妥協できる点は多いものです。

貸主に値下げの交渉をしてみよう

多くの場合、貸主の言い値で決断してしまいそうですが、交渉次第で値下げしてもらうことが可能な場合があります。特に、周辺に似たような条件の物件があり競合している場合は、チャンスが大きくなるでしょう。他に物件の選択肢があるということは、交渉の際に大きな武器となります。貸主としても空室は避けたいですので、応じざるを得ない状況にもなります。「できればここを借りたいのだが、近くにもお手頃な物件があるので迷っている」というように、まずは探りを入れてみるのがよいでしょう。

帯広の賃貸マンションの魅力は充実した防犯セキュリティにあります。ダブルオートロック機能などの最新式の防犯セキュリティが取り付けてあります。

賃貸物件の内見をする時に見るべきチェックポイントとは

内見をするときに大事なこと

部屋探しをするとき、内見ってどんなところを見たらよいのかわからないものですよね。内見というのは、部屋探しの最終チェックポイントとでも言うべきところであり、内見でもってどの部屋にするかどうかを決めることになることがほとんどです。なので、部屋の内部を隈なく見ておきたいところですが、そう何度も内見できるわけではないので見るべきポイントをある程度絞って、ひとつひとつチェックしていくと言ったような見方をする必要があるのです。

収納がどんなものかをチェック

賃貸物件では疎かになりがちですが、収納についてはしっかりと見ておくべきです。一般的な賃貸住宅の収納は、それほど奥はありませんが、ウォークインクローゼットであったり、押入れだったり、はたまた床下収納であったりなど、収納スペースというのは数が結構多いものです。そうした収納スペースをひとつひとつどのくらいの奥行きがあるのか、また幅はいくらか、どれくらい収納できるのかということをしっかりとチェックしておきたいところです。

日当たりは内見でしか確認できない場合も

それから、日当たりについては、写真や説明だけではわかりにくいところがあるものです。たとえ南向きだという触れ込みであっても、それが日当たり良好かどうかはわからないものだということをよく認識しておきましょう。というのも、いくら南向きの物件であっても、目の前に建物があれば日当たりは確保できないものです。なので内見をする際には、周辺に建物がないかというところもよく見ておくべきです。また東向きや西向きの物件であっても、日当たりに問題ない物件もたくさんあるので、そうした方角の触れ込みについては鵜呑みにしないで、内見でしっかりと確認しましょう。

札幌市中央区の賃貸物件はとても人気があり、特に新築物件はすぐに入居が決まってしまいます。気に入った物件を見つけたら即決めることがポイントです。

居抜き物件とはどんな物件?店舗物件のいろいろ

開業資金はできるだけ抑えたい

これから開業を考えている人にとっては、資金をいかに抑えるかということが大事になってきますよね。そこで店舗物件もより安いものを選ばなければならなくなったりします。といって、立地が悪かったり、極端に狭すぎたりなんていうことになったら、そもそもお店をうまくやっていけないかもしれませんよね。なので、資金をできるだけ抑えながらも、店舗についてはある程度のレベルのものが必要になるということです。そんなときに居抜き物件というのを探してみましょう。

スケルトン物件について

一般的な店舗物件というのは、スケルトン物件と呼ばれるものが一般的です。スケルトン物件というのは、要するにまっさらで何もない物件のことで、コンクリート打ちっぱなしといったような物件のことを言います。店舗物件というのは、前にもその店舗に入っていたお店があるわけですよね。そのお店が店舗を出ていくというときに、まったく元の状態に戻して出ていきます。これをスケルトン物件と言い、要するに何も手が加えられていない状態の物件のことを言います。

居抜き物件とはどんな物件か

これに対して、居抜き物件というのはスケルトン物件ではない物件のことを言い、つまり何かしら前のお店が使っていた道具やら小物やらが残っている状態の店舗物件を言うのです。こういう居抜き物件は、資金をおさえようとしている人にとってはありがたい物件ですね。というのも、同じ業種であれば、例えばラーメン店であれば、使う道具はほとんど一緒ですから、その分設備にかけるお金を節約することができるんですね。店舗物件を安くしたいのであれば、居抜き物件を探してみるのもひとつの手なのですね。

店舗物件とは、飲食店や小売業などの商業目的で提供されている物件です。家賃や設備だけではなく、顧客がアクセスしやすい立地かどうかをよく調べるのが大切です。

ページ:12345678