Bee Home

マンション選びで確認しておきたい!エレベーターの特徴

エレベーターの数を確認

マンションと言うのは、エレベーターが付いているのが普通ですが、何基あるかは物件によって異なります。規模の小さなマンションであれば、1基あれば十分ですが、住戸数が数百もある規模の大きなマンションともなると、エレベーターもいくつもないと生活が不便なものです。例えば、地上40階建てぐらいの高層マンションで住戸数200戸ぐらいの規模のマンションでは、低層用に2基、高層用に2基と言った形で複数のエレベーターが設置されていることがあります。円滑な移動を実現させるためにも数は気にしておきたいところです。

高層マンションでもエレベーターが少ない物件がある

エレベーターの数を気にしておくと生活のしやすさに差が出るものですが、注意しておきたいのが、規模が大きいマンションだからと言って、エレベーターの数がたくさんあるとは限らない、と言うことです。地上40階建て、住戸数200ぐらいの高層マンションで4基ある所もあれば、同じく40階建てぐらいで総戸数は500を超えるにも関わらず、エレベーターが3基しかないマンションもあります。階段の移動が苦にならない低層階に住むのであれば大した問題ではないでしょうが、高層階を希望する場合には気にしておいた方が良いでしょう。

エレベーターのセキュリティ環境をチェック

エレベーターと言うのは閉ざされた空間であり、場合によっては危険が伴うこともあります。ですから、セキュリティ環境と言うのが重要になってくるものです。例えば、内部に防犯カメラがあれば、多少は犯罪の抑止になるでしょう。また、マンションによっては、キーをかざさなければフロアのボタンが押せないシステムになっている所もあります。このタイプのエレベーターであれば、もしオートロックを通過して進入してきた人がいたとしても、簡単には上に行けないでしょうから、抑止効果があると言えるでしょう。

鶴見のマンションは、都心への通勤が便利であることは勿論のこと、周辺に商業施設や娯楽施設が点在していることが知られています。

Comments are closed.