Bee Home

こんな施設まである!マンションの驚きの共用施設

温泉施設でリフレッシュ

マンションと言うのは、ひと昔前、また今でも物件によっては、単にいくつもの住戸がある集合住宅ですが、近年建てられるマンションには、豪華な共用施設がついていることが珍しくありません。例えば、温泉施設がついているマンションがあります。ボディマッサージにサウナなど、内容も充実しており、仕事から帰ってきて疲れをとるには持って来いの施設と言えます。また、こういった珍しくて贅沢な施設がマンション内にあることは、良いステイタスとなるものです。

ブックラウンジでくつろぐ

マンションの共用スペースとして注目なのはラウンジで、まるでホテルのような広々としたラウンジや高級感のあるラウンジがあるマンションがありますが、中にはとてもユニークなラウンジがある物件も存在します。それが、ブックラウンジです。その名の通り、本が置かれているのですが、名ばかりではなく、本棚にビッシリと入っており、書店と提携して運営して定期的に内容が入れかえられると言う充実対応ですから、本好きの人にはたまりません。

スポーツジムで体を動かす

運動不足の解消やダイエットのためにスポーツジムに通うという人はよくいるでしょうが、ジムがマンション内についている物件もあります。マンションの中にスポーツジムがあれば、外部の施設まで、また施設からマンションまでの移動の手間が省けるため、とても楽です。また、手軽さだけでなく、ジムを無料で使用できるマンションであれば、お得感もあります。同じ目的を持った者同士が集って、新たな関係が生まれる、楽しいコミュニケーションの場にもなります。

新築マンションを買うときには、モデルルームを見ただけでは決めないでください。現地の様子、日当たりや騒音チェックも必ずしましょう。

リフォームで外壁塗装をする場合の注意点とは!?

リフォームをするタイミングとは?

リフォームをする家が増えていますね。かつての住宅と違い、最近の住宅はリフォームすることを前提に造られているため、リフォームする場合もの難なくすることができるわけですね。昔のように家が古くなったかすぐに建て直そうという考えは今の30代から40代ぐらいの住宅を保有している世代にはあまりないようです。それは、住宅時自体が長持ちするようになったという質の問題もありますが、人々の考え方も昔のように使い捨て、つまりスクラップ&ビルドの考え方ではないと言いうことなのです。

外壁塗装をするタイミングとは?

リフォームの一つに外壁塗装があります。リフォームは内装ばかりではなく、外装のリフォームも必要になるわけです。外壁塗装をするタイミングですが、おおおそ7年から20年に1度必要です。なぜそんなに開きがあるかと言えば、その住宅にすでに塗られている塗料の寿命がそれぞれ違うからですね。安い塗料が塗られている場合であれば7年程度で塗り替えなければなりませんが、高級な塗料を使用している場合は20年は長持ちするのです!

でも、10年で塗り替えが目安です

外壁塗装の塗り替えは塗料によって幅があることがわかりましたね。ですが、どの塗料を使っているかわからない場合は7年から10年ぐらいが塗り替えの目安になると考えていいかもしれません。建売住宅の新築の場合、売主はできるだけ安い費用で売却することを目標にしていますので、当然塗料も安めの塗料を使っていることが想像に難くないからです。中古住宅の場合には前のオーナーと話ができれば聞いてみるといいでしょうね。注文住宅を建てた場合は自分で塗料も選んでいるはず(あるいはどの塗料を使用したか説明を受けているはず)なので、特に迷うことはないでしょう。

アパート塗装なら千葉にたくさんの外壁塗装会社が存在していますから、実績や価格を考慮しながら選べます。

いろいろかかる?部屋探しにかかってくるお金

家賃は収入の3分の1以下が望ましい

新しい部屋に住みたくても、新生活にどれくらいのお金がかかるのかって、なかなか計算しづらいものですよね。特に家賃というのは、毎月支払っていかなければならないもので、また金額としても馬鹿にならないものです。どんなに住みたいと思った部屋でも、家賃がネックとなって断念したということもあるでしょう。家賃というのは、だいたい収入の3分の1以下が望ましいと言われています。そのくらいだと、家計が苦しくならずに暮らしていけるのですね。

初期費用はどのくらい?

部屋探しをするとき、敷金や礼金という言葉を目にするはずですが、こうした初期費用というのは合計するとどれくらいするものなのでしょうか。部屋探しに必要になってくるお金は家賃だけではありませんから、こうした初期費用の額もしっかりと計算しておきたいところですね。初期費用には主に敷金と礼金、仲介手数料、それから前払いの家賃、あるいは火災保険料や鍵交換代など、並べてみると結構あります。また引っ越しの費用や家具・家電を揃えるお金も初期費用の一部として計上しておきましょう。

敷金や礼金がかからない物件とは

物件情報を見ていると、敷金や礼金がゼロ円という物件を見かけることがあるかもしれません。そういった物件は、大家さんがとにかく早く借り手を見つけたいがために、初期費用を抑えているという場合がほとんどです。確かに、部屋を借りる側からすれば、初期費用がかからない物件というのはありがたいかもしれませんが、初期費用の安い物件というのはそれなりの事情を抱えていたりするものです。なので、初期費用が安いからと言って安易に飛びついたりせずに、どういう条件なのかを慎重に見極めていくと良いでしょう。

帯広の賃貸マンションはテレビモニター付きのインターホンが取り付けてあって安全に暮らせますし、スーパーなどの商業施設からも近いので快適に暮らせる魅力が詰まって賃貸マンションです。

ページ:123