Bee Home

賃貸管理会社の見分け方ここだけはチェックしておきたい3つのポイント

最も重要なのはリーシング力

最も重要だといえるのが、リーシング力でしょう。それも、これまでの実績も大事ですが、WEB戦略が中心になるので、WEB上の表現がうまいかどうか、戦略をどう考えているかがポイントになります。例えば、物件の写真や動画をまめに撮って大量にアップしているかどうかで、会社の姿勢というものがわかるでしょう。また、募集広告や図面などを製作している人の意識が感じられるかも重要になります。業界ではB4サイズの募集や図面をつくることがおおいですが、他の物件の図面などをチェックし、ぱっと見のセンスや図やイラストの使い方がうまいかをチェックしておきましょう。

ノウハウは帳票にあらわれる!?

賃貸管理会社の業務は多岐にわたり、それらをカバーする管理、運営能力、つまり知識と経験と実行力、および提案力があるかどうかは帳票類にあらわれます。その会社で使用している様々な帳票、例えば契約書や支払い明細の帳票、入居者への通知文などを見せてもらうと、その会社の質やレベルが比較的簡単にわかることが多いでしょう。業務を遂行していく中でどんどん改善されていくものが帳票であり、ノウハウを共有して社員みんなで使おうとする意識の表れでもあるので、ノウハウがその会社にあるかないかのバロメーターにしましょう。

管理内容は明確といえるか!?

その会社に任せれば、どのような賃貸管理を行ってくれるのか、具体的に明確になっているかは重要でしょう。意外に管理契約書や管理内容がはっきりしていない会社が多いので注意が必要です。どこまでの管理とマネジメントをするかが曖昧のまま管理契約をしている会社は少なくないといことを念頭に置いておきましょう。一度契約すると長期間にわたり管理や運営を任せることになりますので、トラブル時の対処方法や費用負担の分担など詳細に明示した契約書をつくっている会社がいい会社といえるでしょう。

札幌はとても住みやすい地域として知られていますから人気が高く、札幌の賃貸マンションは数多くあるので選択肢が豊富です。

知っておくと便利!部屋の広さのイメージする方法

何平米とか言われても、よくイメージできない?

よくワンルームマンションなどでは、その占有面積が18平米とか30平米などと表記されることがありますが、正直どのくらいの広さなのかピンとこないことがありますよね。部屋が仕切られている場合は部屋ごとの面積が何畳などと表記されているのでわかりやすいと思うのですが、部屋の仕切りがない空間で、しかも「平米」という表記がされていると、途端に部屋の広さがイメージしにくくなります。しかし「6畳は約10平米だ」ということを知っていれば、ずいぶんイメージしやすくなります。

6畳は約10平米である!

「この部屋の広さは10平米です」と言われてもピンときませんが、同じ部屋の広さを「6畳です」と説明されればすぐに部屋の広さがイメージできます。つまり部屋の広さは「畳」で考えると分かりやすくなるということです。詳しく説明すると、標準的な畳である中京間のサイズをもとに計算した場合、畳一枚あたりの面積は約1.65平米なので、その6畳分だと約10平米になるということです。そして、少し面倒な方法ですが、何平米という部屋の広さを、1.65平米(畳一枚分の面積)で割ることで、その部屋が何畳分の広さかをイメージするという方法もあります。

実際の物件の広さをイメージする

例えば「18平米」の占有面積があるワンルームマンションの場合、「畳」の単位に変換すると、18平米÷1.65平米=10.8畳という計算になります。あるいは、6畳(10平米)と4畳半(8平米)を足したぐらいの広さになるとイメージすることもできるでしょう。さらにワンルームタイプの場合は、占有面積の6割から7割程度が居室として使える空間だと言われているので、18平米の場合、居室空間は6畳程度だということが分かります。

北海道の中心に位置する旭川市の賃貸情報は、ネットを利用すれば簡単に調べることができます。人気の物件は埋まるのも早いので、気に入った物件が見つかったらすぐに契約の手続きを進めましょう。

こんな手もあった!?賃貸を賢く契約する秘訣3選

人気薄物件は値引きの可能性大!

気に入った賃貸を見つけたらすぐに契約してしまっていませんか?契約の前に一度価格の交渉をしてみることで家賃や初期費用が少し安くなる場合があります。人気の物件では値引きの可能性は少ないですが、ある程度の期間入居者がいない部屋の場合には値引きしてくれる確率も高くなります。大家さんとの交渉は不動産業者の方がしてくれることがほとんどですので、交渉が苦手という人でも安心です。契約の前にはぜひ不動産業者の方に相談してみましょう。

見学の際に気になる点は相談してGOOD!

物件の見学の際に、カビの跡や畳や壁の日焼けなど他にも様々に気になる点があれば伝えてみましょう。入居の前に修繕してくれることもあります。同じ費用を払うのであれば少しでもキレイな部屋の方が良いですよね。一度入居してしまってからではこのような修繕交渉はなかなか難しいですし、例えしてくれることになったとしても施工時には立ち会いをしなければならないなど手間がかかってしまいます。この場合も不動産業者で大丈夫ですので相談してみると良いです。

家賃がダメでもこの手があった!?

車を2台所有している家庭などでは駐車場代もかさんでしまいますよね。このような場合には2代目の駐車場の費用を少し値引きしてもらえないか交渉してみるのも良いと思います。家賃や初期費用での値引きが難しかった場合でも、駐車場は値引きできるということもありますので、最初から駄目だと思い込まずに、思い切ってトライしてみましょう。ほんの少しだけの値引きならわざわざ交渉しなくても、、、と思う人もいるかもしれませんが、家賃などの場合には長く住めば住むほどその差は大きくなってくるものです。深く考えずに気軽な感じで聞いてみるのも良いと思いますよ。

賃貸物件は数多く見受けられますから、家賃や間取り、交通アクセスなどを十分に配慮して選ぶことが大切です。

ページ:123